-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013-07-28 23:04 | カテゴリ:ゆきちゃん


     今の日本では主流となっているザーネン種のゆきちゃん(メス)。2013年3月13日生まれ。7月28日現在の体重は22キロ。

     僕がヤギデビューしたのがこのゆきちゃん。生後3日で母ヤギから離して僕が粉ミルクで育てたヤギ。あまりのかわいさに溺愛して大事に育てすぎたため、非常に甘えん坊、わがまま、いたずら好きに育ってしまった。

     生まれてすぐに僕(人間)に育てられたため自分をヤギと思っておらず、ヤギとしての本能がちゃんと機能していない。同じヤギのウシちゃんとロッテくんに興味を示さない。犬をまったく怖がらないどころか自分から近づいて犬が逆に怖がる。ヤギが本能的に避けて食べない毒草(ツツジなど)を自ら食べて完食、翌日食中毒を起こし獣医さんにお世話になるほどヤギとしてどうしようもない子になってしまった。 それと洗濯物を引っ張ったりゴミを積極的に口に入れてまた体調を崩したことがある。

     上の写真はゆきちゃんが草を食べていたときY字の木に引っかかったときの写真。上目遣いをして僕を見つめてきたので「自分で抜け出しなさい」って言って放っておいたらひたすらじ~って見つめてきた、そしてたまに小さく「・・・んめえぇぇ」と悲しそうに鳴く。助けたいけど甘やかしてはいけないから助けない! 「んめぇ~」
     格闘すること10分。「あぁー!もうっ!」

     結局僕が折れて助けてしまった・・・そしてゆきちゃんは何もなかったかのように草をほうばる。

     この子絶対おれが助けるってわかっていやがったな・・・こんなヤギに育ってしまったのもママ(飼い主)の僕が悪いんだな。でもやっぱりかわいいんだよねorz
スポンサーサイト

【ジャンル】:ペット 【テーマ】:沖縄のヤギ
コメント(3) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://okinawayagi100.blog.fc2.com/tb.php/4-4d65949c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。